大規模修繕でより快適な住まい【今後に起こりうる地震に備えよう】

耐震診断の方法

現場監督

安全に暮らす為にも、住宅や建物の耐震診断は受けておくことが大切です。耐震診断は、地域や自治体によっては診断の補助金がある場合もあるので事前に調べておくと良いでしょう。

Read more »

対策と効果

かなづち

工場で省エネを目指したいと考えているのであれば、専門業者へ依頼を行なうことが最適な方法といえます。適切な対策を行なうことによって、地球温暖化の防止にも繋がるのです。

Read more »

メンテナンスをする

工事中

配管も月日が経つにつれて劣化していくので定期的にライニングなどのメンテナンスが必要です。特にライニング銅管は安全で確実な施工ができるとして多くの配管業者から信頼されている方法です。

Read more »

耐震を考える

図面

集合住宅等の大規模修繕工事はコチラに依頼しましょう。管理組合様の立場になり、低予算で対応してくれるので安心ですよ。

1995年の阪神淡路大震災に続き、2011年の東日本大震災が起こってからその被災地もそれ以外の地域でも、いつ地震が来て被害にあるかということを身近に感じるようになってきました。特に阪神淡路大震災の時は、震度7の直下型地震でたくさんの住宅が倒壊して、死者も多く出ました。死者のうちの多くは住宅が倒壊したことによって起こったのです。しかも当時は1981年6月以前に建てられた旧耐震構造の住宅が多く、倒壊し多住宅のうち9割は1981年6月よりも前に建てられた住宅だったのです。現在でも旧耐震構造の住宅はたくさんありますが、今後に起こりうる地震に備えて耐震診断をしておくべきでしょう。耐震診断は25万円から30万円程度でできます。

耐震診断をした場合、もし耐震診断の結果耐震性に問題があれば、できるだけ近いうちに耐震補強をする必要があります。耐震補強をする場合、様々な種類がありますが、一番簡単な方法は筋交いを入れるということです。筋交いとは壁の中に斜めに柱を入れることで、それにより住宅の強さが増します。よくプラハブで細長い鉄が交差しているのが見られますが、それが筋交いです。筋交いの中にダンパーを入れて揺れを吸収するところも可能になります。また、木造建築で柱と柱の結合部分に金物を入れて釘で固定されて大きな揺れにより柱がすっぽ抜けるのを防止する役割もあります。また、建物と基礎の間を固定して、大きな揺れで建物と基礎が分離するのを防ぎます。


メンテナンスは大切

外壁工事中

コンクリート建造物はメンテナンスによってはかなり寿命を長くすることができます。もし劣化が見られたら大規模修繕を行うと良いでしょう。綿密に計画や調査をして大規模修繕を行うことで建物の管理維持をすることができます。

Read more »

解体工事をする

部屋の工事中

人がいなくなると劣化が一気に進むといわれる住宅は、もし住む人がいなくなるのであれば解体工事を行う必要があります。解体工事をする業者も多くあるので、より良い工事をしてもらう為にも慎重に業者選びを行うことが大切です。

Read more »